台所のクリーニング

キッチン

IHクッキングヒーター ガラストップのクリーニング

意外と面倒

台所のクリーニングでよくありがちなのは、IHクッキングヒーターのガラストップのクリーニングです。長い時間かけて形成された、スポンジ程度で落ちない焦げ?のようなものを除去するのに、皆さん苦労されているかと思います。何やらいい道具は無いのかなと考え、実験してみる事にしました。

焦げとり消しゴムvs焦げとりスポンジ

左は100円ショップで見かける消しゴムです。以前使って、全然ダメだった記憶があります。右はドラックストアで買ったスポンジです。確か、¥258(税込)だったと思います。

早速テスト 消しゴムが先攻

半分に分けたところを、それぞれ持ち時間5分で作業します。消しゴムでバリバリとこすりますが、消しカスが出るだけのようです。予想通りでしょうか。

後攻 スポンジ

スポンジを濡らして、ガシガシとこすります。だんだん、スポンジの周りが汚れてきました。スポンジ本体も、ピンクから茶色っぽく変わってきました。案外、いいかもです。

対戦終了、結果は?

お互い5分ずつこすって、一度綺麗に拭きあげた状態です。見てわかるように、右のスポンジの方は、下地の白いツブツブまで見えています。

消しゴムて無理だった分もスポンジで

せっかくなので、消しゴムで無理だった分も頑張ってもらいました。ただ、研磨剤がなくなってきたのか、ちょっと時間がかかったようです。

真ん中のテープ部分を残して、かなり綺麗になりました。

IHクッキングヒーターのクリーニング 仕上げ

写真撮りながらだったので、ちょっと時間がかかりましたが、無事にクリーニング終わりました。傷も特に無く、良好です。ただ、時間がかかり過ぎかもしれません。片側で20分ならば、全体で1時間かかる可能性もあります。時間のある方は、お試しください。

コメント